田舎の家は売れない

田舎の家は売れない

田舎の家は売れない

不動産を売る場合、簡単に売れる物件もあれば、なかなか売れない物件もあります。
後者の代表が田舎にある物件です。
特に過疎地の物件が典型的です。
最近は田舎暮らしブームもあって、都会からIターンでやってきて、田舎に住む人もいます。
だけど、その数は絶対的に少ないですから、田舎の家の需要はほとんどないのが現状です。
当然、田舎の物件を売るのは相当難しいのです。
近所に買う方がいれば良いですが、そうでなければ、ずっと売り家の看板が立ったままと言うケースが多いのです。
今、田舎を歩いてみると、人が住んでいない空き家が目立つ地域がかなりあります。
廃屋だらけの限界集落も日本の各地にあります。
これらはお年寄りが亡くなったりして、住む人がいないまま放置されている家なのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ